フタナリ?

広義トランスジェンダー。戸籍上同性愛者。考えることは色々。でも想いはヒトリの人へv


    「フタナリ?」は、以下の取り組みに賛同中です。

    クリックで救える命がある ホワイトバンドプロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「同性愛」って気づいて・・・2

続き物(笑)

中学2年になって、クラス替えして、また新しく好きな子ができた。
(以下、Bさん

Bさんは綿菓子みたいな子で、
ちょっとクラスの中で浮いていたように思う。
そういう子に惹かれることが多いのは、
自分もあんまりクラスメイトになじめなかったからだろうか。

この恋の始まりと終わりは実はあんまりよく覚えてない。
でも確かに、Bさんのことを好きだ想っていた時期はあった。
そのことは覚えている。

Bさんのことを好きだと、私に相談してきた異性(以下、Cさん)と、Bさん
そしてその異性の子の友人(以下、Dさん)と私、
4人で映画を見に行ったことがある。
当時、「恋人と一緒に見てください」とか言うキャッチフレーズで売ってた邦画。
一見、Wデート。

正直、私はその時、Dさんにも気がちょっとだけあった(爆)。
(私にとってDさんは異性)
まだ「恋してるかも」というドキドキ感が嬉しいだけだったのかもしれない。

その後、Bさんではないけれど、
他の同性の子に、
「同性愛者っぽい。」
と言われて、ショックを受ける。
そういうつもりではなかったので。
いや、端から見れば、まさしくそのとおりなんだけど(爆)

それからしばらく、私は同性に恋する気持ちを
封印(というと大げさかもしれないけど/苦笑)するようになった。

でも結局それは同性の友人に対する
執着に一見変わっただけ。
いや、その執着する友人に対して恋してたかっていうとそれとも少し違うのだけど。
「恋愛」でない分、その独占欲はたちが悪かったといまさら思う。

その時期に結構友達をなくした。
自分で自分が一番嫌いな頃だった。


今日はここまでにしときます。
ちょっと凹んできたので(苦笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anusualsyu.blog7.fc2.com/tb.php/7-1a390f47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。