フタナリ?

広義トランスジェンダー。戸籍上同性愛者。考えることは色々。でも想いはヒトリの人へv


    「フタナリ?」は、以下の取り組みに賛同中です。

    クリックで救える命がある ホワイトバンドプロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同性愛がタブー視される理由

「同性愛の何が悪い!」というお題を
トラックバックステーション(他のブログさんですが/汗)なるところで拝見し、
休み前のこの長い夜にふとつづってみようと思った次第です。
なっちゃんは今日は頭イタイと言って寝てしまいました;;心配です。)

はっきり言ってナガクてカタイです。
いいことじゃないか(爆)というのは冗談で、
本気で語りモードになってしまいました(笑)。
そんなんでもよければ、しばらくお付き合いくださいませ。

-------------------------

と、こうして記事を書いている私自身は、
両性愛者として11年ちょい生きてきて、
実際には同性の恋人と7年目のおつきあい。

声を大にして恋人同士とはいえない、
そういう辛さというか、葛藤のようなものはありますが、
個人的に幸せを育んでいくことに関しては、
それほど不都合は感じないのが実情です。

少なくとも日本において、
ホモファビア(「同性愛者に絶対的で攻撃的な嫌悪感を持つ人」という解釈でいいのかな。)
に恐ろしい目に合わされたことはありません。
せいぜい「あの人らレズだよね~。」とこそこそ言われ、
不愉快に感じたくらいです。
ホテル等の宿泊を断られる、店への入店を断られる、
商品の購入を拒否されるといった差別もされたことはありません。

私は同性も恋愛対象になると自覚したのが、
もう10年近く前になりますが、
あの頃は確かにそういった情報が少なく、
こんな思い持つのは自分ひとりなのか?
と不安になったこともありました。

しかし今はこうしてインターネットという世界で、
他の同性愛者の方と知り合うことも出来ます。
現実ではカミングアウトできなくても、
ネット社会でならという方は多いように思います。
私より年下の同性愛者の方が、
明るく前向きに自分の恋愛と向き合う姿を拝見すると、
「同性を愛するなんて自分はどこかおかしいのでは?」と、
真剣に思い悩む姿を描いた小説や、マンガなどは、
もはや過去の遺物のようにも感じます。


さて、前置きが長くなりました。

そんな現在、やはり未だに同性愛がタブー視される理由は、
やはり「子孫を残せない」ということに起因するのではないかと。


あくまで私の持論ではありますが、
古今東西において、タブーとされることは、
たいていその民族の存続の危機に関わることです。
そもそも宗教というものが、それぞれの民族、
または人類が生き残るための手段とか知恵を述べているものなのです。
だから日本のように気候に恵まれた地域では、
概して宗教は寛容で、タブーは少なく、
逆に環境の厳しい砂漠地帯などでは、
宗教は厳格な性格を持ち、タブーも多いのです。

その観点からいくと、
たしかに「同性愛」というのはタブー視せざるを得ないでしょう。

しかし今、異性間で性交を行うことは、
子供を作る十分条件ではあっても、
必要条件ではなくなりつつあります。

人工授精という方法で、実際に子供をもうけている方は、
正規の異性間のカップルであっても、すでに存在するでしょう。

精子バンクというものの存在も耳にします。
優秀な男性の精子は高く売れるそうですね。
海外ではすでにビジネスとして成立してると、
ニュースで見た覚えもあります。

さらには、以前、どこかでちらりと聞いた話で、
卵子のみでの生殖も可能だとか。。。
あ、これは論理上は、だったかな?

とにもかくにも、人類にとって「同性愛」を
絶対的にタブーとして見なくてはならない理由は、
すでに薄れてきつつあると思われます。

しかしそこに別の意味での問題が立ちはだかります。
ただし遺伝子組み換えだとか、クローンだとか、
「ヒトが生命を生み出す」ことへの倫理です。

この問題に関しては、
それこそ「ヒト」ってなんだろうという世界に突入してしまい、
ある意味、メビウスの輪の議論となってしまいます。
個人個人の見解もそれこそ千差万別でしょう。
私自身もどこで線をひいていいものか、
判断に迷ってしまいます。
DNA治療で治る病気があるのならいいけれど、
遺伝子組み換えの食べ物は食べたくない。
クローン技術には反対だけど、
臓器移植で助かる命があるのなら嬉しい。
だったら細胞移植やES細胞の利用だっていいのかな。。。
そんなあいまいな判断です。

というわけで、
表題の「なぜ同性愛はタブー視されるのか」ということについて、
ひいては「同性愛でなにが悪い」というTBのお題に関して、
今、明確な答えは出せないのが私個人の実情。


私が今、「同性愛」の受容の是非に関して考えていることは、
「異性愛/同性愛」という区別なく、
個人個人の幸せ、人間関係を重視し、
「パートナーシップ法」と言った形での
同性愛間での結婚を認めていくという方向の議論が、
より発展していってくれればということ。

まぁ、このことに関しては、
少しずつ世の中が動き出してきていているとは感じます。
だからこそエルトン・ジョンの結婚があるのでしょうし。
こんな時代だからこそ、
人と人のつながりを見直す意味で、
そういう法律がどんどんできてもいいのじゃないでしょうか?

日本でもご自身も性同一性障害の当事者ながら、
世田谷区議員として精力的に活動されている
上川あやさんの活動などがあります。
もし世田谷区でそういう「家族条例」みたいのが出来たら、
さっそく引っ越してなっちゃんと一緒に住みたいところ。

以前にちらっと書いたけど(2005/04/24「ずっと一緒にいたい人」)、
私はなっちゃんと「家族」になりたいんですよ。

だからそういう意味では認めて欲しいとは思ってるし、
「同性愛で何が悪い?」と思いますね。

-------------------------

はい、というわけでなんとかまとめました(?)。

長々と駄文をつづりました。
お目汚しに最後までお付き合いくださった方、
ありがとうございました。

一言でもコメントいただければ幸いです。
スポンサーサイト

コメント

そうですね。

私も、同性愛について考えたことはあるけど
結局のところ、人と人だってまとまっちゃって(笑)
それ以来(というか元々w)偏見もないし
差別(のような?)感情もわきません。

これからもラブラブなお二人が記事を通して
見られればそれでいいですww

遅くなりましたがw
ヒット5000!!
ォメデトォゴザイマス(⊃Д`。)ノ⌒[ネ兄]

  • 2005/06/01(水) 02:43:54 |
  • URL |
  • ミカ #-
  • [ 編集]

<ミカさんへ

早速のコメントありがとうございます^^
こんなながながだらだらっとした記事を最後までご覧下さったのですね;
感謝!

本当に今こそ「人」のつながりって何だろうって考えていい時期だと思うんですよ。
同性愛に限らずね。

ミカさんみたいなご意見を持って下さる方がいると思うと、勇気付けられます^^
ありがとう。

あ、ミカさんも1000Hitおめでとうございます☆

  • 2005/06/01(水) 10:21:34 |
  • URL |
  • 芳井集 #-
  • [ 編集]

その「他のブログ」の利用者です^^

いろいろ勉強していろいろ考えてるんですね。
すごいなぁ。
俺はゲイで、相方もいて、ただその人と幸せであればいいなって思ってるけど、たまに、もっといろんな人に理解してもらえればなぁって思うこともあって。。。
なかなか答えなんてでるもんじゃないですよね(^_^;A

  • 2005/06/01(水) 13:41:10 |
  • URL |
  • 10en-hage #-
  • [ 編集]

一番の肝は

「タブー」って何なんすかね?
「タブー」って気にする所から生まれるわけで
気にしなければ「普通」だったりする気がする。
なーんてね(微笑)

  • 2005/06/01(水) 20:24:40 |
  • URL |
  • 彼バカ。 #zLTxOIGE
  • [ 編集]

はじめまして

はじめまして、とあるブログからとんできました。
学生でビアンな者です。
読んだ感想は、こういう文章が書けたらな…です。
いや、もっともっとあるんですけど、
上手く言葉にできないのです(つД`)
トラバさせていただきますです!

  • 2005/06/01(水) 20:41:39 |
  • URL |
  • たーぼー #a7Ids8Zc
  • [ 編集]

<10en-hageさんへ

わざわざお越しくださり、ありがとうございます。

「ただ幸せである」
たしかにそれが一番ですよね。
そしてそれは自分自身の心の中にしか作れないものだと思います。
社会的な認知というのは、その心を平穏に保つため、
役に立つもののひとつくらいなのかもしれません。

愛を感じる相手がいて、
そしてその想いに応えられ、
日々が繋がっている。
そのことへの感謝を忘れなければいいかなとも思います。

いろいろ勉強してるわけではないですよぉ。
ちょっと語り上戸なだけです(汗)
お恥ずかしい。

「他のブログ」・・・
実は最近惹かれてます(笑)
いい機能いっぱいついてるなぁって。
まぁ、ここも気に入ってるので乗り換える予定はないですが。
お互いのブログのいい機能、
真似しあって、どんどん発展してくれたら。。。
なんてね。

  • 2005/06/01(水) 22:30:59 |
  • URL |
  • 芳井集 #-
  • [ 編集]

<彼バカ。さんへ

コメントありがとうございます。
あ、それにTBもさせていただいちゃいました。
2重投稿なんかになってしまってごめんなさい(汗)

「タブー」を辞書で調べてみたら、

タブー [taboo]<〔ポリネシア語で、明確にしるしをつける意〕

(1)聖・俗、浄・不浄、正常・異常を区別し、両者の接近・接触を回避・禁止し、それを犯した場合には超自然的制裁を受けるとする観念・慣習の総称。特定の人間(王・死者・妊産婦など)、事物(動植物・鉱物・食物など)、状態(出産・成人・死など)、行為(戦闘・狩猟・近親相姦・食事・言葉など)、日時、方角などをめぐるものなどがある。禁忌。

(2)一般に、触れることを禁じられていること。
「社長の前でゴルフの話は―だ」

でした。
(参照サイト:http://www.excite.co.jp/dictionary/
「大辞林 第二版 (三省堂))

私はだいたい(1)の意味のつもりで、つらつらと書きました。
(2)の意味ならば、たしかに
気にしなければ済むことだと思います^^

  • 2005/06/01(水) 22:51:36 |
  • URL |
  • 芳井集 #-
  • [ 編集]

<たーぼーさんへ

わざわざお越しくださり、ありがとうございます。
TBもありがとうございます^^

いや、私の文章は本当に固くってめんどくさくてまわりくどいので。。。
単なる語り上戸です(汗)

こんなのでも最後までご覧下さり、
ほんとにありがとうございました^^

  • 2005/06/01(水) 22:54:45 |
  • URL |
  • 芳井集 #-
  • [ 編集]

こんちわ

同性愛がタブー視される理由ですか?

一番は、秩序の問題だと思います。
秩序って社会がみんなで築きあげたものですからね。
秩序に反発する動きがあれば冷たい視線を浴びてしまうのは
必然じゃないかと思います。

確かに、理想はみんなが「理解」を示せる事なんでしょうが
「現実」の前では「理想」は力不足な気がします。

遺伝的な同性愛者の場合はしょうがないと思われるのも
「秩序」が守られているからだと思います。

不倫の何が悪い?と一緒ですね。
「秩序」を乱すことに世の中は冷たいです。

まぁでも「秩序」自体が多数決的な所もあり、少数派
には納得できないところがあるかもしれませんが

  • 2005/06/02(木) 10:43:40 |
  • URL |
  • いちたか #-
  • [ 編集]

<いちたかさんへ

はじめまして、こんにちは。

「秩序」ですか。
まぁ、現実にはそれがないと人って本来はどうしようもない生き物のようですから。
(「十戒」などに顕著。)

でも「不倫」と同列で、秩序を乱すか否かという議論に乗せるのは、
なにか違うような気もいたしますが。。。

それは私が当事者かもしれないですね;
失礼いたしました。

  • 2005/06/02(木) 11:10:27 |
  • URL |
  • 芳井集 #-
  • [ 編集]

僕はゲイですけど、
正直、こんなのがお題にあがっちゃうこと自体が、正直ちょっと悲しいですよね。

「へ~、あいつ、ゲイなんや」ってくらいの一言で終わる。そのくらいの受け入れ体制さえあれば僕は十分やと思ってます。

に、しても、素敵な文章ですね。また寄らしてもらいます。

  • 2005/06/03(金) 02:47:37 |
  • URL |
  • ke #mQop/nM.
  • [ 編集]

<keさんへ

初来訪?かな。
ありがとうございます^^

たしかにお題自体がちょっと・・・
というところはありますよね。
こういうことへの議論は必要だとは思うけれど。
でもまぁ、このお題について、こうして語って、
それに反応してくださる方が数人でもいらっしゃった。
それだけでも何らかの意味はあったかな。

個々人の性指向や性自認は、
本来なら個人情報として、
大切に扱われるべきものなのに、
今は一生懸命主張するか、
その逆でこそこそとしなくてはならないか。
そういうのが理不尽な気がしますよね。
Keさんのおっしゃるとおり、さらっと受け入れられる。
そんな社会になればいいなと私も思います。

駄文をお褒め下さり、恐縮です(*>o<*)
でも再来訪は歓迎^^
お待ちしております☆

  • 2005/06/03(金) 12:05:42 |
  • URL |
  • 芳井集 #-
  • [ 編集]

初めまして!

「他のブログ」でC's galleryやっています、知音(ちいん)と申します。
keのブログで夢(というか妄想?)を語っていたつながりでお邪魔してます^^
自分の気持ちや思うところを理路整然と文章に出来て羨ましいです!
その分きっと本も読んで勉強していらっしゃるんでしょうね~。
私も見習わないと!

このテーマに関してはkeに告白?されるまでしっかり考えたことはなかったのですが、なぜかその告白をすんなり受け入れることができました。
自分でもなぜだろう?と思います。
びっくりしたり、ちょっとひいたり、というリアクションもあったかもしれないのに。
今考えると、
きっとその友達を信頼していたからだと思います。
社会的に裁かれる”罪”ではないですもんね。
分からないからといってNOを出さずに、じっくり分かってからYESかNOかを判断していきたいと思っています。
みんな違うのが当たり前なんだし、まずはウェルカムですよ☆

長々と失礼しました。
どんなお料理なんでしょう?
私もカレーはおいしいので、ぜひキッチンでお会いしましょう♪

  • 2005/06/03(金) 23:43:39 |
  • URL |
  • 知音 #-
  • [ 編集]

<知音さんへ

ご訪問ありがとうございます^^

早速、知音さんのお宅にもお邪魔してます。
またコメントもさせていただきますね。

文章、褒めてくださってありがとうございます。
説明文みたいのまとめるのはわりと得意なのかもしれません。
大学の卒業論文でも研究史まとめの章だけは褒められました(笑)

人と人として、向き合っていさえすれば、
受け入れられることなのかもしれないですね。
私も友人間でカミングアウトしても、拒絶されたことはありませんし。
「わからない、しらない」ということこそ、
差別とか偏見とか拒絶の原因になりうるので、
そういう意味では、こういうTBテーマが出されて、
こうして色んな方とつながり、
反響が広がっていくことはいいことというか、必要なことだなと。

知音さんのコメント、非常に温かく、嬉しい気持ちで拝見いたしました^^

一応、イタリアンの見習いコックやってます。
まだまだ下っ端で野菜&皿洗いですけど(笑)
一緒にKの箱でお料理できる日が来れば楽しいですね^^

ではでわ、ありがとうございました☆

  • 2005/06/04(土) 00:09:39 |
  • URL |
  • 芳井集 #-
  • [ 編集]

こんにちは。
アメブロからやって参りました。
私も、その件について、書かせていただいたこともあって。
なんか、読んで、自分の認識はまだまだだな・・・って思いました。
「メビウスの輪」・・・まさにその通りですよね。裏も表もないよね・・・。

  • 2005/06/05(日) 16:05:50 |
  • URL |
  • るる #-
  • [ 編集]

<るるさんへ

いらっしゃいませ。
ご来訪ありがとうございます^^

いやいや、私こそ、るるさんの記事を拝見し、
自分の認識、未熟な点が多いなぁと思いました。

メビウスの輪、ぐるぐる回りながら、それでも人は進んでいくのですね。

そしていわゆる「多数派」のるるさんが、
あのお題に「小腹をたてて」下さったということが、
なにより嬉しかったです。

ご来訪、コメントとともに感謝いたします^^
ありがとうございました☆

  • 2005/06/06(月) 00:20:42 |
  • URL |
  • 芳井集 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anusualsyu.blog7.fc2.com/tb.php/62-e513af0e

同性愛で何が悪い!?

恋愛ジャンル第28回のトラバテーマです。同性愛で何が悪い!いや、ホントまじで。何がいけないのかすら。否定的な意見をイパーイ聞きたいです。お勉強のために。私が当事者なせいもあるかもしれませんが、基本的に「恋愛に間違いなんかない」と思ってます。浮気も不倫もそ

  • 2005/06/01(水) 20:42:20 |
  • ベリーブルーベリー

TBステーション:「第28回 同性愛で何が悪い!?」

今回の御題ですが…アメブロさんも思いきったことしますな(笑)。と言うのが第一印象。…と言うわけで本題ですが、このテーマで書いてる方の記事を見ていったらほとんどが『肯定派』だった。私も例に洩れず、肯定派。今でこそ異性と交際している私だけど、学生時代は心のど

  • 2005/06/01(水) 21:56:51 |
  • Cry for the moon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。