フタナリ?

広義トランスジェンダー。戸籍上同性愛者。考えることは色々。でも想いはヒトリの人へv


    「フタナリ?」は、以下の取り組みに賛同中です。

    クリックで救える命がある ホワイトバンドプロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと一緒にいたい人

この人とずっとずっと一緒に生きていきたい。

そう思う人がいることを幸せだと思う。
今日はそんなお話。


同性同士で恋愛をしている時、
偏見やら、気軽に人に話せないなど、難しいことは色々あるけれど、
その中で一番しんどいのは、どんなに想いあっていても、
「結婚」という社会から約束された形はとることができないということ。

私はそう思っている。

「結婚」なんて、たかだか紙切れ一枚。
そう思う人もいるかもしれない。
その人は恵まれていることに気がついていないのだろう。

私は「結婚」は愛情の証だとは思っていない。
「家族」という単位として認定されることだと思っている。
一緒に生き、そして死ぬ時、死んでからでも、共にすごせる確実な証明。

私と恋人にとって、今の日本ではどんなに切望しても得られない形・・・。

社会的な意味ではなく、
個人の生活や感覚的な意味での、
「一人で生きていくこと」は不可能ではない。
衣食住足りたシングル生活は気楽で楽しいものだろう。

自分以外の人と人間関係を作るのは、たやすいことではないし、
そのつながりを維持し、よりよい形に変えていくことは、根気や忍耐も要する。
その意味で「血縁」と「家族」は違うと思う。

「血縁」(親兄弟)というのは、それはそれで運命なのだけれど、
定められたつながりであって、自ら強く望まなくても繋がる、
「人」という「生物・生命体」としての連なり。

「家族」は、偶然に出会った人同士が、
なんらかの形で寄り添って、共に生きていたいと願い、
そしてその想いを互いに継続することで作られる、
「人間」という「関係性」の産物だ。


私は恋人なっちゃんと家族になりたい。


日々、「家族になりたい」気持ちは実感しているのだが、
その中でもかなり強烈に残っている記憶がある。

端から見たらかなり滑稽なものなのだけど、
私にとっては大切な瞬間。


それはプチ同棲期間のひと時、
私となっちゃんは二人でテレビを見ている時。
画面から流れてくるのは「NG大賞」。
予想もしないハプニングに爆笑しながら、思った。
「ああ、こんな家族になりたい。」
そう思った瞬間、NGを見て笑い転げながらなのに、涙が溢れてきた。

私の家は少々厳しく、
そういうバラエティー番組を一緒に見て笑うということがあまりない家庭だった。

両親や兄弟に不満はないし、
むしろ恵まれている方だと感謝しているのだけど、
確実に飢えている感情があったらしい。

その空洞になっちゃんが「笑い」と一緒に押し寄せてきた。
NGを見て笑って、そのことが嬉しくて泣いて。
めまぐるしく変わる感情の波にもまれ、幸せを感じた。

なっちゃんと「家族」になりたい。

今までの付き合いの中で、
それを一番強く実感したのはその瞬間だった気がする。

私はその後番組の「ドリフ」を見ながらも、笑って、そして泣いた。
(「ドリフ」もちゃんと見たのはほぼ初めてだった。)


そういえば、私はなっちゃんと出会うまでは、
笑うことだけではなく、泣くこともそれほどまではなかった気がする。
怒ることもしかり。

私はなっちゃんという恋人に「
家族」の意味と同時に、
「感情」「喜怒哀楽」も与えられた。

そう思うと、本当にかけがえのない人だと、改めて思う。





でも「NG大賞」と「ドリフ」(爆)
ま、そんなシリアスになりきらないあたりが自分たちらしいですが(笑)
スポンサーサイト

コメント

こんにちわぁ

すごく気持ちわかります><。

昔、わたしも彼と寄り添ってフルハウスみてたとき、急に結婚したいと強く思って口にして泣きついたことがあります。。
(むこうはかなり困ってましたが。。)

恋人関係ではどうしても超えにくい一線をこえた信頼や心地よさをこの人と持ちたいと思って。やっぱり家族になりたかったんですよねぇ。。

  • 2005/04/24(日) 17:43:22 |
  • URL |
  • 悠々 #4kn8ibWY
  • [ 編集]

初めまして

何故か愛しきひと 様のリンクからやってまいりました。秋月と申します。

「家族」になりたい、とか、かけがえのない人、とか、芳井さんのことばから、とてもひしひしと伝わってきました。素敵な恋をなさってますね。

 「血縁」と「家族」は違うと思う、のところ、思わず考えさせられました。
芳井さんの考え方とか、とても、その、言葉がみつからないのでご不快に思われたらすみません、興味深いです。なるほどなぁと共感しました。

それでは、突然のコメントで失礼しました。

  • 2005/04/24(日) 22:39:15 |
  • URL |
  • 秋月 #3VVjZltY
  • [ 編集]

お返事

<悠々さんへ
共感してくださってありがとうございます。
私だけじゃなかったんですね。
笑えるもの見ながらなのに、何故か「好き」とか「幸せ」とか強く感じてしまって、泣けてくるって経験。
恋人以上に深い関わり合いを続けたいと、衝動的に思う瞬間は、意外と単純で些細な時に起こるものなんですね。


<秋月さん
はじめまして^^
突然・・・なんて遠慮なさらないでくださいな。
コメントありがとうございます^^
素敵な恋と言ってもらえて照れますが嬉しいですね。
不快に思うことなどなにも。
共感して、興味を持ってくださっただけでありがたいです^^
よろしければまたいらしてくださいね☆

  • 2005/04/24(日) 23:46:22 |
  • URL |
  • 芳井集 #-
  • [ 編集]

カノジョの権利

こんにちわ。
リンクありがとうございました!
こちらも貼らせて頂きました。第1号です。
ちょっと緊張してクリック押しちゃいました。^^

そうですね~。
普通に買い物一緒にしている時とか、ご飯食べた後テレビを見ている時とか、ふと「家族」って考えますね。確かに。

カテゴライズしにくい関係だからこそ、(良く言われません?「どんな関係?」みたいなの)カテゴライズされることにふと憧れを持つのかもしれないな。なんて。

単純に一緒にいたいっていう気持ちなんですけどね。元々は。

  • 2005/04/25(月) 12:18:27 |
  • URL |
  • しろくま #-
  • [ 編集]

ってごめんなさい。
subject違うこと書こうと思っていたので^^;

  • 2005/04/25(月) 12:20:52 |
  • URL |
  • しろくま #-
  • [ 編集]

お返事

そうそう。
一緒にいたいって気持ち。
それだけが大事なんですよね。

リンクもありがとうございました^^

  • 2005/04/25(月) 12:36:29 |
  • URL |
  • 芳井集 #bn29uQKw
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anusualsyu.blog7.fc2.com/tb.php/18-ca627160
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。