フタナリ?

広義トランスジェンダー。戸籍上同性愛者。考えることは色々。でも想いはヒトリの人へv


    「フタナリ?」は、以下の取り組みに賛同中です。

    クリックで救える命がある ホワイトバンドプロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日という日に思うこと

本日は終戦記念日。

12時の黙祷を捧げる時間は腹痛と闘いながら、仕事してたので、
祈りを捧げることは出来なかったし、
寝坊したせいで、遅刻しかけたため、ぶっちゃけ夕方まで忘れてた、不謹慎な奴です。

ごめんなさい。


なっちゃんのおじいさんはシベリアに抑留されたことがあると聞いた。
もしその時なにかが違っていたら、なっちゃんはこの世にいなかったかもしれない。
そう思うだけでぞっとします。


偽善的で陳腐な言葉かもしれない。
けれどこう願うことが無駄だとは思いたくない。

「世界が平和になるように。」



*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

で、改めてぼそぼそと考えてみること。
あくまで私一個人の見解であって、見識不足も多いだろうし、それは違うって思う方も多いと思うけれど、
それでもよかったら、以下、ご覧下さい。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


私はこの8月15日の終戦記念日ってのは、決して戦争が終わった日ではないと思っている。

新しい戦争が始まった日だ。
もっと厳密に言えば、私はその新しい戦争は8月6日(9日も)から始まったと思う。

「核」というものの脅威に曝されるという戦争が始まったのだ。
日本はその戦争の開戦を宣言するために生贄にされたと思う。
このことはもっと強調していくべきだ。


そもそも核を持つ国は、自分たちだけは安全だとでも思っているのだろうか。
チェルノブイリの時に、あんなに大騒ぎしたくせに?
一応、平和利用のための核でさえ、暴走したらあんなことになるくせに?
最初から殺傷を目的とした核を、いったいどこで使えば、安全なんて言える?
そんなバカなこと、休みながらだって言うんじゃない。


核は人類に対する犯罪だ。
そのことを身をもって体験させられた国である日本は、黙ってちゃいけない。
核を持つ国、使用した国に対して、被害者の立場で闘っていかなくちゃ。
(なのに原子力発電所持ってる辺りが矛盾なんですけどね/苦笑/私は原発にも反対です。)

核の脅威に曝される世界の、それこそ中心で叫ばなくちゃ。
(って、もう古いのでしょうか…?/苦笑)


だけど、そのことと、朝鮮半島や中国、そのほかのアジアの国々へとの問題は別だ。

最近、「いつまで謝罪を続けるべきだ?」と言った論議をちらほら目にします。
私は、いつまでも続けるべきだと思います。
日本が永遠に犯罪者というわけではありません。
ただ、被害を与えたという歴史事実は変わらない。
その歴史は謝れば済む問題ではないのです。

もちろん赦される部分もあってほしい。
経済的な問題(経済援助とか)や、国際関係(国連の常任理事とか)に関しては、
そこは赦してもらわないと、日本という国が進んでいきません。
だけどそれは歴史を忘れるということではない。

本当は、日本だけではなく、世界の国々、全てが、自分が他の国に行った過ちを、
未来永劫、謝り、反省し続けるべきなのです。
あの時、自国はこんなことをした。
それは歴史的にこういう結果をもたらし、結果的には間違っていた。
だからもうそういうことがないようにしていかなければならない。
それを考えるのが歴史を学ぶことです。


だからさ、某大国U○Aさんよ、あなたも謝ってくださいよ。。。


日本とアジアがもっともっと共通認識を持てればと思います。
せめて20世紀だけでも、「アジア史」と銘打って、
各国の識者の意見を集めて、様々な方面からの資料を網羅して、
一般必須教養教科書にでもしてくれませんか。
無理に意見すり合わせたり、おもねったりしなくていい。
紙上で激論交わせばいい。
そこからなにかを学び取れないほど人はバカじゃないと思いたいです。


1945年8月15日以前、世界はどう誤ってきたか、
それ以後、世界がどう歪んできているか、
そういうことを考える日として、
いつまでもこの日を重要な日としていくのが、
今、この地球に人類として生きているものの使命だと思うのです。



*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

もっとたくさん書いてたんだけど消えました;;
また思い立ったら書きます。
別に終戦記念日だけが戦争や平和について考える日じゃないんだ(負け惜しみでしょうか。。。)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anusualsyu.blog7.fc2.com/tb.php/161-6f473406
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。